●Hollyライブ出演情報●
日時 場所 料金 Band 詳細
2019/9/21(土)
18:00-20:00
宮城県仙台市青葉区
K'sスタジオ Garage
参加者→500円
見学者→100円
[セッション] 仙台MusicCircle「FreeStyle」第168回定例会に参加します。
詳細はこちら
2019/10/5(土)~6(日)
福島県二本松市
イノセントエイジ
参加費8000円
日帰り5000円
※別途BBQ代(1000円くらい)  
[セッション]  二本松合同合宿セッション2019に参加します
詳細はこちら

私のホームページはこちら↓


Twitterをやってますこちらからどうぞ。

DEF LEPPARD/WHITESNAKE Live 2008/10/24 @日本武道館

予告どおり昨日のライブレポートを。
武道館ですが相変わらず九段下駅から武道館まではえらい人だかり。本当はもうちょっと早く武道館入りする予定だったんですけどホテルにチケットを忘れるという失態をしてしまい一度戻ったので開場後開場入りです。雨も降っていたせいか傘が誰の傘の下に入っているか分からない状態になってましたが。行ってみると年齢層の高さにびっくり。そりゃそうですね。両バンドとも1000万枚アルバムを売ってた頃はもう20年前ですからね。明らかに私の上司のような方が多く、金曜日という事もあり結構会社帰りのサラリーマンのおじさんも結構いたかも。前回みたアラニス・モリセットの時はなぜかアリーナの前から2列目だったので気づかなかったのですが、今回は2回スタンドの前から3番目ということで遠そうで意外に結構見やすい。人が入る割には結構間近感がありますね武道館は。どちらかというと奥行きというよりは高さがあるかんじ。アリーナ自体は余り人が入らないんですね。少なくとも前にさいたまスーパーアリーナで見たU2よりははるか近くに見えます。勢いでオペラグラス買う必要もなかったなぁ。

会場に入るとセットはWHITESNAKE用にセットされていたので今日の順番がWHITESNAKEDEF LEPPARDの順だという事が分かりました。噂では武道館2日間で交換するとか聞いてたのですが他の国のツアー同様アルバムのセールスがいいDEF LEPPARDが後のようです。ダブルヘッドライナーとは銘打っているようですが照明・スクリーンの使い方や本編の時間の長さは同じでもアンコールがあったDEF LEPPARDの方がトリ的な雰囲気でした。

ではまずWHITESNAKEから。まず後ろのスクリーンのカーテンの画像(多分これってDEF LEPPARDのNEW ALBUMのジャケットに使われているやつですよね)の間にWHITESNAKEの最新アルバムの画像が出てきて(でもドッド粗い!多分もともとDEF LEPPARD用に使っているセットでなんか写せるよってことで急遽WHITESNAKEが画像用意した気がするんですけどね。余計な事はいらないと)始まるなという雰囲気をかもし出しつつスタート。でも始まる前に上から袖の方がちょっと見えてて2階のうちら側はちょっと盛り上がってましたが。

セットリストは以下の通り

01. Best Years
02. Fool For Your Loving
03. Can You Hear The Wind Blows
04. Love Ain't No Stranger
05. Lay Down Your Love
06. The Deeper The Love
07. Is This Love
08. Guitar Solo / Snake Dance
09. A Fool In Love
10. Ain't Gonna Cry No More
11. Ain't No Love In The Heart Of The City
12. Give Me All Your Love
13. Here I Go Again
14. Still Of The Night

全体的に選曲は割と渋めで前々回に比べるとどちらかというとブルージーで聞かせる曲が多かったのかも。昨日の日記でも書きましたが個人的にはあとサーペンスアルバムの「Crying In The Rain」「Bad Boys」と最新アルバムの「Summer Rain」「All I Want All I Need」「Call On Me」が聞きたかったです。まぁ「Crying In The Rain」はトミー・アルドリッヂがドラムのほうが迫力があるでしょうし、「All I Want All I Need」は「Is This Love」に似ているから外したのかなぁという気もしますが。
でもまぁさすがに最後の2曲は鳥肌が立ちましたけどね。
1曲目はNEWアルバムの1曲目ですね。この曲は私も好きなのでやってくれてよかったです。まぁインパクトは前々回のツアーのBURN〜BAD BOYSの方がありましたが。でも音のバランスが結構悪い。ヴォーカルが聞こえにくい。もしかして声が余り出ていない?まぁ後半は良くなってきましたが。でもデビカバ御大はいつものマイク裁きでかっこよかったです。前見たときとリズム隊が変わっていましたが(トミー・アルドリッジ/マルコ・メンドーサから
可もなく不可もなくそつなくこなしていたというかんじ。キーボードの方はなんか雰囲気がリッチー・ブラックモアに似てますね。それで今回はやはりギターリストの二人が光ってましたね。前回見たときも思いましたが新たなデビカバさんの相棒になったダグ・アルドリッジはいいレスポールのトーンしてるなぁ。うまいのは当然ですが。そしてかっこよく腹筋も割れている(笑)やっぱり華がありますね。結構フレーズがつまらないとか言われますけど結構この方弾いているのを見るのが好きです。そして今回は何といってもレブ・ビーチがこれまでのツアーよりもはるかに目立ってましたね。もともとテクニック的にはダグ・アルドリッジの上を行くんでしょうけど、WHITESNAKEにおいては曲作り、パート分けの点でダグより目立ってなくて宝の持ち腐れ的な感じでしたが今回はたっぷり聞けました。途中でギター・ソロ対決がありましたがギターを弾く私にとっては楽しめました。まぁ一そうでない方はつまらなかったようですが(C.Cデヴィルの11分ソロよりはいいと思いますけど)。でも結構レブ・ビーチ弾く時結構変顔してましたね。なんかレブってこんなんだったっけというかんじ(笑)なんか加藤芳郎みたい。一番動いてましたけどね。デビカバさんは復活直後見たときよりは声が出てない感じはしてましたがまぁやっぱり57歳とは思えないかっこよさですね。「Love Ain't No Stranger」ではこの曲を作って先日亡くなられた元ギターのメル・ギャレーに捧ぐみたいな事を言ってました。途中は2曲(「The Deeper The Love」「Ain't Gonna Cry No More」)アコースティックセットもあってこれはかっこよかったですね。このときダグアルドリッジが座る木製の椅子の事をWhitesnakeチェアーとか言ってなんか和やかな雰囲気に。まぁ前々回のツアーの方よかったですが、本当最後まであっという間でした。まぁ最後の2曲聞けただけでもよかったです。やっぱりかっこいい。

続いては30分もかからないうちに機材交代を済ませて(見事な作業)でDEF LEPPARDへ。
セットリストは以下の通り。

01. Sparkle Lounge Intro
02. Rocket
03. Animal
04. C'mon C'mon
05. Foolin'
06. Make Love Like A Man
07. Go!
08. Love Bites
09. Mirror,Mirror
10. Bringin' On The Heartbreak
11. Switch 625
12. Hysteria
13. Armageddon It
14. Photograph
15. Pour Some Sugar On Me
16. Rock Of Ages

17. Bad Actress
18. Let's Get Rocked

明らかにWHITESNAKEではドッドの荒かったスクリーンの使い方が豪華になっていていかにもライブが始めるぞという雰囲気の(バンドの歴史があって今ここが始まるぞ的な)映像が流れてました。明らかにWHITESNAKEよりもしょっぱなから盛り上がった雰囲気かも。WHITESNAKEが「かっこいい」だとすればDEF LEPPARDは「楽しく乗れて時々浸れる」といったかんじでしょうか。CDを聞くだけどと気づきませんが実は歌って踊れる結構ライブ映えする曲が多いです。まさにヒット曲のオンパレードというかんじでしたね。どうやらDEF LEPPARDは前日より曲を4曲入れ替えたようで、ニューアルバムからの「Go!」とPYROMANIAからの「Foolin'」が入ったのは個人的には満足です。「Rocket」は昔のツアーのようなギターの掛け合いのあるヴァージョンが聞きたかったですけど今回のようなダブルヘッドラインは時間の都合で難しいんでしょうね。次の「Animal」もまさにノリノリです。そして次のNEW ALBUMからの「C'mon C'mon」はまさしく掛け合いのしやすいライブ向きの曲ですね。うまく作ってます。この曲って何かに似ていると思ったらSAMMY HAGARのMAS TEQUIRAですね。あと「Love Bites」はジョーの声がやばいとか言う噂を聞いていたので心配していたのですが思ったよりはそれほどでもなかったです。相変わらずいい曲。ギターの音も最高。2ndからの「Mirror,Mirror」は多分誰もやるって予想してなかったでしょうね。そして「Bringin' On The Heartbreak」はアコギバージョンから入って盛り上がりでエレキになってその後インストの「Switch 625」になるという憎い演出。その後の局はもうヒット曲の嵐です。やられました。ちなみにDEF LEPPARDは両ギターが腹筋祭りでした。それに相変わらずの完成されたギターサウンドジョーは・・・私の後ろの女性の方がひたすら「デカイ!」とか「1.5倍!」とか言ってましたが(笑)まぁさすがに曲を乗せるのはうまいですね。声は聞こえにくいところもありましたがトータル的にはOKです。後何気にやっぱりベースのリック・サヴェージはなんとなく雰囲気がかっこいい。リック・アレンはもうもはや言われなければ片腕でドラムを叩いているというのが誰もわからないほど重要なリズムの要です。WHITESNAKEは割と楽しみながらも考えながら見ていたのですが、DEF LEPPARDがあれよあれよという間にあっというまに過ぎ去っていきました。

トータル的にはどちらも楽しかったです。まぁ単独でまた見たいなぁというのはありますがこの両BIG BANDを1日で両方見られるというのもまた幸せなのかなと。

ちなみにチョコチョコ演奏中写メでとっているのを注意されている人がいたのはちょっと残念。

帰りはグッズ売り場で買おうと思っていたらお目当てはもう売れていましたが各バンドのパンフとTシャツを一組ずつ購入で1万ちょっと。まぁいいか。

いい年休でした。